名取熊野三社の由来


南方熊楠の「花さく庭木の話」より(『南方熊楠全集 第6巻』平凡社、236頁)。

また奥州の巫女、多年熊野へ詣でたが、年老いて旅できなくなり、三山を自分の村へ勧請した。その後奥州へ下る者本宮に詣ってねたところ子童現じて、奥州へ往かば名取の老女にこの物を渡しくれ、と言うたと思うと夢さめ、見ればナギの葉を歌にかきあった、「道遠し年もいつしか老いにけり、思ひおこせよわれも忘れじ」。

宮城県名取市にある、東北地方の熊野信仰の拠点、名取熊野三社。

熊野神社(熊野本宮社):全国熊野神社参詣記
熊野神社(熊野新宮社):全国熊野神社参詣記
熊野神社(熊野那智神社):全国熊野神社参詣記

元記事は「ナギについて:南方熊楠の随筆」。